牧之原市立坂部小学校

〒421-0412
静岡県牧之原市坂部468-1
TEL 0548-29-0200

活動紹介Activities Introduction

年間行事

令和2年度(2020年度)
行事
4 6日 新任式・始業式、8日 入学式
5 16日 PTA環境整備①、18日 3年自転車教室
6 5日 クラブ開始、11日 4年交通安全教室、15日 観劇、16日 体力テスト、18日 交通安全リーダーと語る会、27日 PTA資源回収①
7 1~3日 観音山自然体験教室、16日 授業参観・懇談会・PTA教育後援会、22日 夏休みを迎える会、夏休み(7/23~8/24)、27・28日 自由研究相談日
8 22日 PTA環境整備②、26日 チャレンジ発表会、28日 引き渡し訓練
9 8日 学校保健委員会、18日 みなスポ集会①、25日 仲よし学校保護者説明会
10 2日 前期終業式、5日 後期始業式、13~17日 仲よし学校
11 11~13日 修学旅行、20日 縦割りの日、25日 榛原中一日入学、28日 PTA資源回収②
12 18日 授業参観・懇談会・学級役員選出、23日 冬休みを迎える会、冬休み(12/24~1/5)
1 7日 書き初め会、15日 避難訓練、22日 みなスポ集会、30日 開校記念日を祝う会・くすの木集会
2 2日 新1年生保護者説明会、17日 6年生ありがとうの会
3 5日 授業参観・懇談会、18日 卒業証書授与式、19日 修了式、春休み(3/20~)

活動紹介

目と耳と鼻で感動体験(鹿児島修学旅行)

 11月11日(水)~13日(金)の2泊3日で6年生が、鹿児島修学旅行に行ってきました。今年は、新型コロナウイルスの影響で東京の修学旅行を取りやめ、代わりに「Go To トラベル」と飛行機を利用して、目的地を鹿児島としました。
 1日目は、静岡理工科大学やFDA、富士山静岡空港の方々の御協力で、飛行機や空港のことを学びました。その後、FDAを使って鹿児島に向かいました。初めて飛行機に乗った男の子は、「出発するときに体が引っ張られて怖かったけれど、その後はほとんど揺れなくて鹿児島まであっという間だった。」と、とてもうれしそうでした。
 2日目は、島津家別邸「仙巌園」や維新ふるさと館に行ったり、桜島を見たりしました。夜は指宿のホテルで砂蒸し風呂体験をしました。女の子たちは、砂の熱さも関係なくゆっくり体を温めていました。
 3日目は、薩摩富士と言われる開聞岳を見たり、知覧特攻平和会館でお話を伺ったりしました。自分たちのお兄さんとほぼ同年代の若者が、命をかけてお国のために「笑顔で戦う」姿に、子供たちは様々な思いを抱いたようでした。
 あっという間の修学旅行、東京とは違う体験の中で、子供たちは歴史の重みをひしひしと感じていました。それと同時に、こうして安全に楽しく行ってこられたのが、多くの方々のおかけであることをしみじみと感じました。

「6年生、行ってらっしゃい」

 11月11日(水)学校に残った1~5年生が、修学旅行へ出かける6年生をグラウンドから見送りました。修学旅行の目的地は、「鹿児島」です。今回のお見送りは、富士山静岡空港から飛行機で出発する6年生を、残った子供たちと職員でグラウンドから見送ってあげようと企画したのです。
 みんなでグラウンドに「坂小」の人文字を作って待機していると、それを見ていた坂部保育園の年長さんも、キラキラのボンボンを持って加わってくれました。
 そして、午後1時25分。最初に飛行機のエンジン音だけが聞こえてきて、次に、坂部上空と同じ真っ青な色のFDAの機体(写真の赤丸部分)が、グラウンド上空を通過していきました。地上の子供たちは、まるで飛行機に乗っている6年生の姿が見えているかのように、「行ってらっしゃ~い。」と大きく大きく機体に向かって手を振っていました。
 「坂部小学校は見えるかな?」と機内で必死に学校を探していた6年生には、こんな上級生思いの下級生の気持ちが、ひしひしと伝わったことでしょう。「ありがとう1~5年生、そして年長さん。気を付けて行ってきます。」

地域の皆様と安全への備えを確かめ合いました

 11月6日(金)、坂部小学校防災連絡会議を行いました。この会議は、有事の際に避難所となる本校で、坂部区役員の方々と学校とが連携をとれるようにと、毎年行っているものです。
 今回は、まず、各町内会長様から12月6日(日)の地域防災訓練時における訓練内容についてお話をいただきました。次に、実際に本校体育館が避難所となった場合の非常電源装置の扱い方を学んだり、簡易ベッド、間仕切り、簡易テントの組み立てを行ったりしました。実際にベッドに寝てみた方からは、「ちょっと固くて寝づらいけれど、仕切りによって個人のプライバシーが守られるのでありがたい。」といった感想が出されました。また、板倉区長様からは、「いざというときのためには、こうした資材の保管場所が必要となるが、充分なスペースがないので、今後検討しなければ…。」といった区のリーダーとしての意見も出されました。
 本校が避難所とならないことが何よりですが、いざというときは、地域と学校とが連携をして避難所運営を行っていきたいと思います。

ページのトップへ戻る