牧之原市立坂部小学校

〒421-0412
静岡県牧之原市坂部468-1
TEL 0548-29-0200

活動紹介一覧Activities Introduction List

2年生 生活科「夏を楽しもう」

 8月6日(木)、2年生が生活科「夏を楽しもう」の単元で、水遊びをしました。子供たちは、最初、家から持ってきた水鉄砲で友達と水の掛け合いをして遊びました。追いかけたり追いかけられたりと、びしょぬれになりながら走り回っていました。
 そのうちに、砂場に水を貯めてプールにしたり、砂を水で固めて山の高さを競ったりと工夫して遊びました。中には、ホースを持ってジャングルジムに上り、上から水を掛けては「シャワーができたよ。」と大騒ぎしている子もいます。
 今年は、新型コロナウイルス感染症の対応でプールの授業がありません。だから、子供たちにとっては思い切り夏を感じることのできた活動になったようです。活動を終えた子供たちの顔は、夏の太陽にキラキラ輝いていました。
 子供たちにとって、この夏休みはどんな夏になるでしょう。

3、4年生が「リズム縄跳び」で学習の成果を披露

 今年度、本校では、自ら自主的に運動に取り組む子を育てようと、個人に「体力アップカード」を持たせています。このカードには、縄跳びや鉄棒などの色々な技が載っていて、体育の時間だけでなく、昼休み等も進んで挑戦できるようになっています。
 3、4年生は、体育の時間にこの体力アップカードでできるようになった技を使って、音楽に合わせた「リズム縄跳び」を行いました。そして、7月31日(金)~8月5日(水)の昼休み、「リズム縄跳び発表会」を行いました。放送で発表会のPRをしたり、グループの工夫した点を紹介したりと、見に来てくれた人を楽しませる工夫がいっぱいです。
 発表会では、全員で音楽に合わせて二重跳びやあや跳びなどを披露し、みんな汗びっしょりになりながらかっこよくリズム縄跳びを発表できました。また、見に来た人も思わず体を動かして、一緒になって楽しんでいました。発表している「夢中」の姿が、見ている人にも伝わったようでした。

水をきれいにするための仕組みを学びました

 7月22日(水)、中部健康福祉センターの方をお招きし、4年生が水の出前講座を行いました。これは、大切な水がどのようにきれいになり、それをどうやって守っていったらよいかを考える社会科の授業です。
 最初に、家庭から出された汚れた水が、どのようにきれいになって川へもどされるのかを学びました。「各家庭には、浄化槽という汚れを食べてきれいにしてくれる施設があること」「浄化槽には、合併浄化槽と単独浄化槽とがあり、合併浄化槽でないとすべての汚れをきれいにできないこと」などを教えていただきました。実際に、汚れた水がみるみるうちにきれいになって行く実験を見て、浄化槽のすごさにみんなびっくりしていました。また、私たちが水を汚さないように気を付けることとして、食べ残して流しに捨てないようにすること、油は新聞紙にすわせてなるべくゴミとして処理することなどを学びました。
 学習を終えた子供たちからは、「私たちが食べ物を残さないことが水をきれいにすることになるなんてびっくりした。これからは、全部食べきるようにしたい。」「浄化槽は、家を建てるときに庭に埋めてあった。こんな役目をしていたことを知って勉強になった。」といった感想が聞かれました。大切な水資源を、自分たちの手で大切に守っていこうと、子供たちは「夢中」になってセンターの方のお話を聞くことができました。

夢中になって「お楽しみ読書」

 7月17日(金)、今年度2回目の「お楽しみ読書(読み聞かせボランティアの皆さんによる活動)」です。子供たちはこの時間がとても大好きです。いつもは最後までなかなか話を聞けない子も、この時は、「次は何が出てくるかな」と、視線が絵本から離れません。目を大きく開いて驚いてみたり、おっきな口をあけて笑ったりと、もう気持ちはすっかり絵本の中です。3年生のお楽しみ読書では、ちぎり絵による紙芝居を行っていました。手作りの紙芝居ということを聞いた子供たちは、「えー、自分で作ったの?」と驚いていました。
 読み聞かせボランティアの皆さんは、毎回、子供たちに喜んでもらおうと、色々な工夫をこらしてくれます。子供たちのために、大変お忙しい中、本当にありがとうございます。

子供たちの元気な姿を参観していただきました

 7月16日(木)、授業参観・学級懇談会を行いました。今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止の対応として、これまで保護者の来校を控えてもらっていたので、今回が初めての授業参観となります。
 1年生の保護者にとっては、初めての参観会です。右手をピンと伸ばしてがんばって手を挙げている我が子の様子をうれしそうに見ているお母さん、授業の時間じゅうよい姿勢で担任の話を聞いている姿をホッとした表情で見ているお父さんと、保護者の皆さんの方が緊張しているようでした。また、学年が一つ上がった子供の成長をうれしそうに見ている2年生以上の保護者の方もたくさんいました。
 後半は、PTA主催の「PTA教育講演会」を行いました。講師に各務真奈美氏をお迎えし、「夢を持って今を生きる」という演題で、各務さんのお子さんとの体験談から今の私たちが大切にしなくてはいけないものを伝えていただきました。
 今夜の夕食時は、授業参観での子供たちの様子で笑いがいっぱいになっていたらうれしいです。

ページのトップへ戻る